骨盤のゆがみの原因

年齢がいくつであっても、女性ならばきっと「ダイエット」が、大きな関心事であることでしょう。

テレビ番組で特集されることも多いですし、雑誌などでももちろんそうです。友達同士でも、話題に上ることも少なくないでしょう。そんな風に、ダイエットというのは、とても身近な話題です。

そんな中で、最近よく耳にするようになったのが、骨盤ダイエットや、骨盤矯正ダイエットと呼ばれるものです。

そもそも、骨盤矯正というのは、骨盤をずれてしまった状態から、正常な位置に戻してやることですが、いったい、骨盤はどうしてゆがみが生じてしまうのでしょうか。

骨盤のゆがみとはいっても、骨盤の骨そのものにゆがみが出る訳ではありません。

骨盤を取り囲んでいる筋肉がありますが、そのバランスが悪くなることから、骨盤まで正常でない状態になってしまうということなのです。

原因としては、カバンやバッグなどをいつでも左右どちらかの片側で持ったり、かけたりするようなことが挙げられます。

他にも、ヒールの高い靴を履いたりすることなども、原因になります。座るときに、脚を組むのもよくありません。

虫歯などで、片方の歯でばかりものを噛むことが体のバランスに悪影響を与えることもあります。

このような生活習慣の影響でゆがんでしまった骨盤は、体のバランスを崩し、体全体に、余計な緊張をもたらします。

筋肉が長時間の緊張を強いられれば、「こり」が発生し、血流の悪化が起こります。

血流が悪化すると、冷えや頭痛の原因になりますし、基礎代謝の低下から、ダイエットもなかなか成功しなくなってしまうのです。

そのため、ゆがんでしまった骨盤は、正常な位置に戻す必要があるのです。